ハニーココ 口コミ

ハニーココを飲んではいけないときはあるの??口コミから調査!!

ハニーココ,効果,口コミ,バストアップ

バストアップサプリを検索しているとかなりの確率で「危険」とか「副作用」というワードを目にしますよね…。
バストアップはしたいけど、身体に悪いならやめようかな…。と思ってしまう人もいるかと思います。
しかし、こういった類のものはお薬ではなく、サプリメントなので正しく服用していると身体に害はないはずです。
それにハニーココは成分もかなりこだわって作られていますし、基準をクリアしているので一般販売が可能なのです!!

 

ですが、体質なんて人それぞれ。十人十色。千差万別。
ちゃんと摂取方法を守っていたとしても副作用が起こってしまうこともあるでしょう。
例えば、「こういう時は服用を控えた方がいいよ〜」っていうことを知識として知っておくと、副作用が起きるのを回避できるかもしれません!

 

なので、今回は、口コミを読んでいて分かった、「こういう時はハニーココを飲むのをやめた方がいい!」という時をご紹介します!!
参考になればいいです(#^.^#)


 

ハニーココは危険なサプリ!?

そもそもハニーココ自体は危険なサプリなの??なんて、ちょっと気になったりしちゃいますよね…(´_ゝ`)
まずは、そのあたりから調べてみました!!

 

ハニーココは大丈夫??

まず、バストアップサプリの成分に必ずと言っていいほど含まれているのが、プエラリア・ミリフィカです。
このプエラリア・ミリフィカは1日に摂取していい量が決まっています。(1日の摂取量上限目安である400mgといわれています)
その基準値を超えてしまうとホルモンバランスに影響を及ぼす可能性があり、生理不順になったり、不正出血が出てしまったりと副作用につながってしまうのです。
なので、危険なバストアップサプリというのは、濃度が高く、1日の摂取量が自分にとって多すぎるものになります。

 

逆に言うと、自分に合った量を調節しながら飲めば、副作用は出ません。
どの程度のプエラリアが自分にとってベストかは飲んでみなければ実際のところわかりません。
少量で副作用が出てしまう体質の人が濃度の高いものを飲めば当然副作用の危険性が高まります。

 

ハニーココの1日の摂取量は250mg。
これは多くもなく、少なくもない摂取量です。またハニーココは1粒50mgから調整できるのが最大のメリット!
つまり、飲み方次第で副作用が出る危険性を極小限にすることができます。

 

ハニーココの危険性について調べてみましたが、とくに危険かもっ!って思うようなところはありませんでした。
プエラリアは肌がきれいになったり、バストアップなどに効果があるものなので、過剰摂取だけを気をつければすごくいい成分です。
ハニーココには副作用が起こる可能性のある成分を大量に含んでいません。
また、1つのサプリに成分を詰め込み過ぎず、あえて2種類のサプリに分けてあるので、それぞれの用途に合った効果を大きく感じることができます。
ちなみに海外製のバストアップサプリを使用すると、生理が遅れたり吐き気が起きたりすることもあるようです。
これはバストアップに欠かせない成分「プエラリア」が粗悪で有害なものだったり、効果がないものだったりした場合に起こることです。
プエラリアのみのサプリは、胸だけではなくお腹・お尻・太ももなど体全体に脂肪がつきやすくなります。
ですから、プエラリアのみのバストアップサプリはあまりおすすめできません。
ハニーココは計算しつくされて作られたサプリメントなのですね!(^^)!

 

しかし、飲むタイミングによっては危険なこともあるようです…(´・ω・`)

 

 

ハニーココを飲まない方がいいタイミングは??

ハニーココ,効果,口コミ,バストアップ

生理中の服用


ハニーココって生理中飲んでも大丈夫?という疑問を持つ方も多いと思います。
ハニーココの口コミサイトを見ていると「ハニーココにはもちろん、体の健康に害を与えるような成分は含まれておりませんが、体に負担をかけないようにするという意味で、生理の間はお控えいただいたほうがよろしいかと思います。どうしても摂取したいという場合は、日頃よりも摂取する量を少なめにしていただくと安心かと思います。」といった内容が多かったです。
生理中はホルモンバランスも不安定になりますから、女性ホルモンと似た働きをする成分を摂ってしまうのはあまりよくないでしょう。
ただ、もう一つ大事なのは、次に飲み始める時期です。
生理の終わり頃から約1週間から10日程度の時期に飲まないと効果を上手く実感出来なかったり、副作用を感じてしまう可能性があります。
何でか?っていうと、難しい話しになってしまうので、簡単に言うと、生理や女性ホルモンのリズムに合った飲み方が大事だってコトです。
ハニーココが危険とか、プエラリアサプリで副作用を感じたことのある人はこの飲む時期を守っていない人がほとんどです。

 

妊娠中・授乳中の服用


販売ページには妊娠中・授乳中は控えるように、と書いてあります。
ハニーココは妊娠中や授乳中に飲むことができません。
ハニーココはダイエット効果もあるサプリですが、バストアップサプリなのでホルモンを活性化する成分がサプリの中に入っています。
妊娠中や授乳中は何もしなくてもホルモンバランスが活性化されているので、ホルモンバランスが崩れやすくなっています。
だから、妊娠中や産後ホルモンバランスが乱れて肌荒れやニキビのような肌トラブルになる人や産後うつになる人もいます。
また、授乳中は母乳から赤ちゃんにママが飲んだり食べた物が移管してしまいます。
だからハニーココのバストアップ成分も赤ちゃんに移管してしまいます。
バストアップ成分が赤ちゃんに良い成分が入っているわけがないですよね。
赤ちゃんの健康のためにもバストアップサプリは飲むことは辞めたほうがいいのです。

ハニーココだけでなくバストアップサプリは妊娠中・授乳中は飲まない方がいいでしょう。

では、いつから飲み始められるのかというと、ハニーココはバストアップサプリなので授乳後終わった卒乳後・断乳後3か月後です。
なぜ3か月後かというと、授乳中は女性ホルモンの分泌が活性化されています。
授乳が終わると自然と女性ホルモンの分泌が落ち着いてきます。
だから授乳後3ヶ月というわけです。
妊娠中・授乳中は何もしなくても胸が大きくなりますよね。
授乳後胸がどんどん小さくなってしまうと悲しくなってしまうので早く胸を元に戻したいと思う気持ちはわかります。
でも、赤ちゃんのために卒乳後・断乳後3か月間は我慢しましょう。

 

他の薬と併用しての服用


ハニーココWとハニーココDは健康食品なので、混合して服用しても問題はありません。両方合わせて服用しても大丈夫ですが、たくさん服用したからといって効果が2倍になることはありません。
そして合計でプエラリアミリフィカの1日の摂取上限値である400mgを超えないようにして下さい。ハニーココの1粒当たりのプエラリア含有量は50mgですから、それを目安にしてくださいね。
それ以外の薬との併用については、医師に相談してからにしてください。

 

アレルギー体質の方の服用


過剰摂取と同様に注意が必要なのは、ハニーココの原材料にアレルギーがある方です。
いくら天然由来の成分とは言え、その材料にアレルギーを持っていれば、その方には危険です。
ですから、少しでもアレルギーがあれば飲まないと言う判断が正しいでしょう。
自分でもよく分からないと言う方は、服用前に医師や薬剤師に相談してみて下さいね。
その他少しでも異変を感じたらすぐに服用を中止して医療機関を受診するようにして下さい。

 

 

 

 

ハニーココを試してみる(∩´∀`)∩
ハニーココには全額返金保証制度があります。
「サプリメントって不安…」「副作用が心配…」「もし自分に合わなければ…」なんて人も気軽に試せちゃいます!!
やらずに後悔するより、まず挑戦してみて自分の可能性を拡げてみましょう\(^o^)/
バストアップにチャレンジしてみよう!!