ハニーココ 口コミ

バストアップにはなにが効果ありますか?

 

ハニーココ,効果,口コミ,バストアップバストアップにはなにが効果ありますか?

 

 

ハニーココ,効果,口コミ,バストアップ
胸が大きくならない原因は個々様々で友達に効果があってもあなたに効果があるとは限らないようなモノなのでまずは生活習慣の見直しから始めてみましょう!

 

・自分の胸は「大器晩成型」だと気持ちをどっしりと構えストレスを無くす(減らす)
※胸が大きくなる為の受容体が出来上がるのが高校生になってからの人も多く、大人になってからの人もいます。
※ストレスはホルモンバランスを崩しやすいのでクヨクヨ悩むより逆に開きなおった方が大きくなりやすくなります。
※胸の大きさは遺伝もあるだろうけど、姉妹で大きい小さい、お母さんは小さいのに子供は大きいなんてあるよね。胸の大きさが遺伝だけで決まるなら売れているブラのサイズが昔はAカップがほとんどだったのが今ではCカップ前後が多いって事で生活習慣も大切だって事もわかるだろうし、お母さんがもし小さいから私も大きくならないなんて事は思わない事。
※恋に夢中になってストレスを無くすのも一つの手だけど、それより気軽にストレスを減らすのは自分の趣味に夢中になる事!

 

・食事は毎日きちんと3食栄養バランスを考えて摂る
※胸を大きくすると言われる豆乳などの大豆製品(ダイズイソフラボン)やキャベツ(ボロン)にばかり目がいくと他の栄養が足りなくなって逆にホルモンバランスを崩す事もあります。体の主成分であるタンパク質(植物性と動物性)と少しずつでも食材には「ま(豆)ご(ごま、ナッツ類など)わ(ワカメ:海藻)や(野菜)さ(魚)し(シイタケ:きのこ)い(イモ)」を加える事を考え、例えば朝食は豆腐入り(海草、きのこ、イモなども入れるとか)味噌汁+(肉または魚)+半熟たまご(大豆は植物性タンパク質、肉・魚・卵は動物性タンパク質、半熟たまごと肉または魚を一緒摂るとタンパク質は摂取されやすくなります)+野菜サラダ(ゴマふりかけ)+「まごわやさしい」がまだ入ってない分など
※成長期の無理なダイエットは胸が大きくなりにくくする元

 

・グッスリ眠る
※ホルモンは睡眠時に出ます。長時間寝てても眠りが浅いとダメです。

 

・適度な運動を行う
※運動後にもホルモンは出ます、熱を作る筋肉がないと冷えなどで体の新陳代謝が悪くなる、筋力不足で体に歪みが生じると新陳代謝が悪くなる。
※腕立て伏せや拝みのポーズで胸周りを鍛えると胸の高さを出す訳ではありませんが、胸の土台としてボリューム感が出る他、胸まわりの冷え防止になります。ただし、やり過ぎは胸の脂肪を燃やしてボディビルダーの胸に。
※胸が小さいから隠そうとする人や背が高くて日常生活が前屈みで猫背になりやすい人は朝起きたら太陽の光を浴びながら背中の肩甲骨がくっつく位のイメージで深い深呼吸をして胸を張りましょう!

 

・お風呂の中で乳首に刺激を与えたり胸をやさしくマッサージ
※体が温まっている時に血流を良くしましょう!
※マッサージは長時間しない事!強くしない事!
※好きな人に胸を揉まれて必ず大きくなる位なら赤ちゃんを産んだお母さんは全て巨乳になっているでしょう

 

・きちんと合ったブラをする
※例えば採寸値がアンダー70、トップ80で採寸上ではA70の人でも胸の形は個々様々で胸が横に広いなどでピッタリ合うのはB70やC70といった人も多いです。必ずブラは試着してから買いましょう!
※ブラが小さ過ぎると胸を締め付け過ぎて新陳代謝を悪くし、大きすぎると中で胸が揺れ胸の脂肪が燃えてしまうとか胸を支える筋を痛めて垂れ乳になる。胸は左右で違う人が多いので大きい方にブラは合わせて小さい胸の方はパットで調整しよう!
※初経後3年位までは樹脂ワイヤーのジュニア用ブラ

 

・サプリは危険性も知っておこう!
※薬ではないので、膨大な時間とお金をかけ臨床試験にて副作用など調査された訳でなく、大豆イソフラボンでも自然摂取なら過度の吸収を妨げる働きのある成分が入っていて良いがサプリなら過剰摂取でホルモンバランスを崩す他に乳がんを引き起こすといわれる程のモノ。効果が高いと言われる程、副作用の危険も高いと考えられるし、体外から女性ホルモンに似た成分を過剰に摂取すれば逆に体内で作成されなくなって若くして更年期障害になる可能性も高まる。成長期にはまずお医者さんにでも相談してから摂取した方が良い。

 

 

 

バストアップにはハニーココ
コチラから購入できます!!